ランキング

ArcheAge・攻略ブログ

2017年7月7日金曜日

バフについてその3-8:完成盤上ラウバンダー

おはようございます

流石にリアルでもネットでも色々発生すると
ブログ更新する暇がなくなるものですね(^^;

というわけで今回は

完成盤上ラウバンダーです














というわけで完成盤上:ラウバンダー1の目です

とはいえこれ使うの初めてなんですよね
なので考察まじりで説明します

まずラウバンダーの状態で
被ダメージの0.8分をMP吸収

完成盤上1の目の状態で
被ダメージの1.5%分をMP吸収

おそらくサイコロの目1に付き0.7%増加という事になると思います


で、ですね


これ対人や集団戦では基本的に使えないと思うんですよ

この二つの基本は如何に自分が死なずに
どれだけ早く相手を倒すか
これに尽きると思うんです

そうすると

ダメージを食らった時にMP吸収では
自分が死なずの部分の確率を上げる事が出来ないですよね
なので対人や集団戦では基本的には出番がないと思います

おそらく例外があるとして

めっちゃ硬いタンクの人がいて
常にヒールを受ける事が出来て自己回復の必要ない
この場合はHP吸収はいらないのかもしれないですが
多分この条件って各勢力に一人いるかどうかだと思うんですよね

なので

基本的に対人や集団戦では使用しないバフではありますが
バフが存在するという事は使いみちが無いわけではないです


例えばIDやNMですかね

基本的にNPCはコンボを使ってこないです

言い換えれば素の防御のみで最大の一撃に耐える事が出来るなら
コンポがない以上は一撃で死ぬはありません

そうすると

ひとまず一発で死なないのだから重要なのは回復量になります

前回紹介したラウジェナでダメージHP吸収するよりも
今回のラウバンダーでMP吸収して自己回復した方が
結果としてスキルは使うものの一撃を食らった後の消費HPは減る

このように考えられると思うんです

純粋な火力職が自力で回復するにはポーションしかないので
MP回復しても攻撃出来るという恩恵のみで死ぬ確率は減らせませんが

例えば

愛適正、ロマン適正、鉄壁適正
これらを入れている人は自己回復スキルがあるので
もしかしたらラウジェナを使うよりもラウバンダーを使った方が効果的かもしれないです

ただ愛もロマンも鉄壁もさっぱりわからないので
果たして本当にそうなのかCTとかの関係で実は損なんじゃないか?
とか疑問はあるのでこれについては
実際にその適正が入っている方に
ラウバンダーって使える?って聞いてもらったほうがいいかもしれないです

正直根性値とかCTとか詠唱短縮とかさっぱりわかんないので
いずれスキル調べるときにわかればいいなぁってレベルなので
現状においては聞いてもらったほうが正確だと思います

0 件のコメント:

コメントを投稿