ランキング

ArcheAge・攻略ブログ

2017年4月20日木曜日

バフについてのお話(説明ではありません)

さてこんばんわ

装備の続きを書こうと思ってたんですけど
最近疲れが酷くて寝落ちが多くて更新が遅くなりました

装備の方はSSが多いのでまた後日書くとして
今日はバフのお話にしようと思います

先日というか
そこそこ頻繁にバフ炊かない人がいる
それで突っ込んで死んでいく

という話をよく見ます



例えばデイリー妨害された
バフを炊いて迎撃しよう

これたまにの妨害ならわかるんですけど

毎回デイリー妨害されたら
あぁ妨害されてるのね
じゃぁ今日はいいや
ってなると思うんです

あくまでこれは僕の感覚なんですけど
デイリーでもらえるのは名誉だし
昼デも夜デもその時間だけじゃないから
妨害されない時間に行けばいい

なので

妨害されてる時に行って
わざわざバフ炊いて迎撃は赤字の気分なんですよね

まぁでも個人的には
わざわざ妨害に来てくれるって事は殺していいってことよね?
袋叩きにされる覚悟があるってことよね?
って感じで喜々として行くと思います
ついでいうとデイリークエはそっちのけです


さてここから話は変わります


ゴールド戦争、赤露、アビス等各種戦争コンテンツ

これらは戦争をするコンテンツです
当然ながら戦争です

西と東で勝つために戦います

なので

自分が死なない為に
味方のヒーラーの負担を減らすために
少しでも火力を上げるために
相手に自分にとっての全力で戦っていますよと礼儀を示すため

そういう意味でバフを炊くのは当然の事だと思っています

ですが指揮者によってやる気も変わるので
指揮者によってバフを炊いたり炊かなかったりするという意見もあります
こちらはバフを炊かない場合のリスクを理解した上での発言なので
そういう意見もあるんだなと尊重します


さて火力職でバフを炊かない人が多いようなので


自分が火力職だとしたらヒーラー視点になってみてください

ただでさえ柔らかくて火力も低いのにバフを炊かない人
ただでさえ固くて火力が高いのにさらにバフを炊く人

戦略上勝つためにどちらをヒールを優先するかとなると
自ずと答えは後者になると思います


ヒーラーさんはヒーラーさんの考えがあると思うのですが
残念ながら個人的にヒーラーとしての適正が全くないので
さっぱりわかりません

ただヒーラーさんがヒールをする時はMPを使用する

柔らかい人ほどダメージを受けるからその分ヒールが必要になる
MPポーションも余計に飲まなければいけない
その柔らかい人が更にバフを炊いていなかったら更にダメージが増える
僕がヒーラーだったら全く回復しません

バフというものが何だかわからなくて炊いてないから教えてください
とか言われれば戦争終わったら教えてあげるから
危ないから後ろに下がっててっていうと思います

バフは自分の為だけではなく周りの為にも必要になります
これは必要な物なので赤字や黒字という概念は存在しません

ただまぁ何事も例外はあって
ゴールド戦争でこちらが攻撃隊2つ分の人数で相手0人
この場合は流石にバフはいらないんじゃないかなぁと思います


NMに関しては赤字や黒字どころか
そいつ倒さないと手にはいらない物があったりするんだから
その為の必要経費なのでバフを使用するのが当然だと思います


またIDも同様でクリアするのに必要であるのならば使うべきだと思います
ただ例えば
18IDみたいに死なないように着いてきてくれればいいよとか
危ないからOKって行ったら僕のとこまで来てねとか
これからボスと戦うからこっから先来たら危ないからここで待っててとか
そういう時はいらないと思います

自分が戦力として認められて
戦力として戦う時にはバフは炊くべきだと思います

基本的に昼デ、夜デを妨害された時以外に
バフを炊く場合は必要経費なので赤字ではないと思います

それでもバフを炊かないという方もいるかと思いますが
その場合は囮として扱われて率先して何度も殺される事になっても
全く文句は言えないと思います


とまぁ色々書きましたが
戦場に参加する以上バフは炊いたほうがいいです

バフがわからないという方は強い方に教わって下さい
恐らく初めて聞いた時は長文の暗号文だと思います
一つずつ用意して少しずつ覚えて最終的に揃えばいいと思います
こちらのブログで紹介しても良さそうなんですけど
サーバーによってとか人によって略称が違いそうなのでやめておきます
(それでも教えてほしいとか強い人に聞くの怖いとかあれば
代表的なバフは紹介しますのでコメントを下さい)

揃えて覚えてる最中に怒られたら
ややこしくて難しいので覚えてる最中なのでもう少し待って下さい
あとお金無くてまだ揃えられてないですとか
これでもいいと思います

頑張っている人を怒る人はいないと思います

0 件のコメント:

コメントを投稿